Official Blog 〜タカ・Too-Good!〜

名古屋の少しレアなスポット。(名古屋遠征レポ、その3)

はい、こんばんはv

さて、今日のブログも。。。先月に行きました名古屋遠征の旅レポです。その3。

【前回までの記事はこちらに】
その1 → http://www.sutotaka.com/2020/02/22/blog-40/
その2 → http://www.sutotaka.com/2020/02/27/blog-41/

さて、もう4時間ほど歩き続けて散策してたので、結構疲労が濃くなってきた。。。
という事で、まずはこちらを通り抜ける。

(普段使いもしている、フツーの道ですが・・・)

「四間道(しけみち)」という街道です。

名古屋駅と名古屋城のちょうど中間あたりに位置するこの辺り。
都会の喧騒はどこへやら、市内の真ん中ですがゆったりした時間が流れます。

名古屋市の街並み保存地区に指定されているこの辺り、昔の街並みを眺めたい時にはいい感じなんだと思います。

結構洒落たグッズやさんや、レストランも通りに面してあり、人も少ない。

観光客はあまり知らないスポットかと。
僕はこんな穴場感、大好きです(笑)

四間道を抜けて商店街にやってきました。

「円頓寺商店街(えんどうじしょうてんがい)」です。

商人たちが作り上げてきた、下町感たっぷりの商店街。
ランチやお土産もあったり、最近はよるのレストランやバーなどで盛り上がるお店も多いんだとか。

・・・この人混みにまみれない感じがいい☆

ここはチェーンでもやってる歌舞伎カフェみたいです。

フツーの薬局からこんなツッコミ入れられると、大阪人のワタクシは、ジミー大西さんのモノマネをしたくなってウズウズする・・・!

壁一面に描かれた巨大な壁画。こーゆーの、面白い。

商店街のど真ん中にシャチホコが。高さ3mはあったかな。名古屋特有ですv

円頓寺商店街近辺でチェックしてたお店。開いておらず無念・・・。

もう疲れ果てたので、こちらの喫茶店に入ることに。
「自家焙煎 喫茶まつば」さん。

テーブル席とカウンターともあって、カウンター席にはコンセント設置。

ケータイの充電したかったので有り難かった~(^ ^)

コーヒーもやってきました。通常のブレンド。
結構焙煎をしっかりしているのか、深み・苦味多めです。個人的には好きな感じ。

コーヒーはガツンと来てくれる方が個人的には好きなのです。
カフェのはね(アメリカーノ等)、ただ苦いだけな時もあるしね、、、ちょっと苦手かな。

コーヒーだけではなく、当てのお菓子も付いてきます。あまり大阪とか他ではお見かけしない。。。
コレで大阪の喫茶店とほぼ変わらない値段。

コメダ珈琲でお菓子が付いてくるのは有り難かったけど、名古屋ではこれが当たり前なんだろうなと感じるこの頃です。

円頓寺商店街の中の雰囲気といい、喧騒に疲れた時の癒しには最適でしたv

ゆっくり夕方まで休憩取らせてもらい、そろそろ宿舎のホテルに戻ろうかと。

空は雲が多くて、時折晴れ間が見えるぐらい。
昼間は雨まで降ってきたので、あまりいい天気のバレンタインデーではなかったなぁ・・・。

ホテルに戻りチェックイン。部屋に荷物を入れてちょっと休憩。
夜のお勤め(誤解しがち)の準備としまして。

さて、街へ出ます。

栄にある名古屋テレビ塔を目の前で。

実は名古屋テレビ塔は改修工事やってまして、、、入れずじまいでした。
今年夏以降ぐらいを目指して工事しているみたいです。

このテレビ塔があるエリア、久屋大通公園の中の一部で、公園内も改修工事をしている最中。
今年中には新しくなった公園がお披露目みたいっすよ♪

すぐ近くにあるこの建物。「オアシス21」といいます。
中を覗くと、

こんな感じで広場があり、ステージも設けられていて、この時はアイドルグループのライブが開催中でした。
(ステージはもちろん撮影禁止なので、ステージの後ろ側から)

ステージの奥にはスケートリンク・・・!
大阪でも特設リンクは最近よく見る風景です。

このオアシス21、下はバスターミナルになっていて、路線バスも高速バスも集まる拠点とのこと。
名古屋駅もありますが、こちらも名古屋の交通の要所です。人がやはり多い。

バスターミナルの他に名古屋鉄道・名古屋市営地下鉄も駅があり、かなりの一大ターミナル。
全部地下にそれがあるというのが、スッキリしてるとこですね。素晴らしい。

ここから名古屋の串カツ・おでんを食べられる店に行ったんやけど、
結構並んでて、時間かかりそうだったので断念。。。(^ ^;

食事は置いといて・・・別件でまた一つ行きたかったところへ。

まだまだ名古屋の街並みは明るいです。

次回に続くv

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP